新しい時代に対峙して、経営者として我々自身が変革する そして、我々の活動を道として後世に残していきたい。

頂道塾 CHODOJYUKU

頂道塾とは

新しい時代に対峙して、経営者として我々自身が変革する必要があります。
そのためには弛まざる自己研鑽をしていかねばなりません。

地球に貢献できる人格を形成し、企業体を創造する。我々の活動を道として後世に残していきたい。そんな想いで勉強会『頂道塾』を開きました。

かつて多くの志士が松下村塾で学んだことが今まさに再現されようとしています。この塾から、地域社会、日本、そして世界に向けて大きな影響力を与え、世の中に貢献できる人間を輩出することができるよう、切磋琢磨してまいりましょう。

お知らせ

令和4年12月開催 第182回 頂道塾のご案内

お疲れ様です。
今年最後の頂道塾で、発祥の地ささやさんとしばしのお別れです。
長年お世話になった感謝の意を込める意味でも、是非、みなさんご参加頂きたいと思います。
忘年会も兼ねています。
どうぞ宜しくお願い致します。

令和4年12月13日火曜日
17時~19時 社長塾
19時~ 忘年会

場所 上田市中央2-15-12 ささや

塾長よりご挨拶

中澤 昭彦(なかざわ あきひこ)
エイムブレーントラスト代表

これから世界も日本も大きく変わります。
日本の生産人口(15歳~64歳)は1995年のピークからすでに1000万人がこの日本から減っているのです。AI(人工知能)の進展、IOT(モノとモノのインターネット)、フィンテック(仮想通貨など)の出現は資本主義の枠組みから金融制度、民主主義の在り方までもが大きく変わる大転換期を必然として到来させるのです。